BME280搭載 温湿度・気圧センサモジュールを使ってみた

Arduino

 温度・湿度・気圧センサモジュールのBME280を購入してみました。ピンヘッダ「実装済み」のものと、「未実装」のものがあり、どちらにするか随分と悩みましたが、思い切って未実装のものを選びました。(はんだ付けに自信がなかったし、それなりの価格なので失敗が怖くて・・・。)

 結線とスケッチですが、ググったら、スイッチサイエンスのサイトに結線図とサンプルスケッチがあるのを見つけたのでそれを利用しました。

 はんだ付けですが、決して綺麗にできたとは言えませんが何とかなりました。

 実際に動かしてシリアルモニタをみると、1秒毎に温度・気圧・湿度が表示され、なんか格好良い感じです。HUMはhumidの略。

 シリアルモニタの様子 ⇓ 途中、センサに息を吹きかけたので温度・湿度が変化しています。

BME280搭載 温湿度・気圧センサモジュール

 ピンヘッダの取付を実際にやってみて動作させることができたので、ちょっと自信がつきました。

 記録データを、SDカードに記録できるように手を加えていきたいと思います。ハードルが上がりますが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました