for文を使ってみる1/2

Arduino

「ESP32&Arduino電子工作プログラミング入門」に記載されているLEDを順番に点灯させるfor文を使ったスケッチを試してみました。

単純にLEDを【1つ目】点灯⇒○秒待つ⇒消灯 【2つ目】点灯⇒○秒待つ⇒消灯 【3つ目】点灯⇒○秒待つ⇒消灯 と順番にスケッチしていけばでることですが、これをもっと沢山やろうとするとスケッチが長くなっていき、だんだん大変になっていきます。

そんな時、同じような処理を繰り返し動作させたい時に便利な「for」文。

for (led = 2; led <= 4; led++) { //これは変数ledの値を1増やすという意味。
(led2⇒led3⇒led4で繰り返す)
これをsetupとloopの中に入れて使う事でスケッチをシンプルにさせることができる。

・for文 :繰り返す回数が事前に決まっているときに使う
・while文:ある条件を満たしている間は繰り返し続けるような、繰り返す回数が事前に決らない形の繰り返しのときに使う

コメント

タイトルとURLをコピーしました