キウイフルーツ 3月、4月の作業

キウイフルーツ

 今年も無事に芽が出てきてくれました。先日、剪定したところから樹液が滲み出ていたので心配していましたが大丈夫な様子です。暖かくなりだしたことで休眠状態から目を覚まし、活動が始まり、水分を吸い上げ始めた証といったところでしょうか?

 無事、萌芽を確認できたので、今後やっていくことを調べてみました。また、4月に入り、蕾が出来ないか日々見守っていたところそれらしいものがチラホラと見られるようになってきました。ついに今年は収穫できるかもしれません。期待が高まります。

直近で行うべき管理作業

 3月、4月でやらなければいけない作業について調べてみました。「春肥」、「芽かき」、「摘蕾」とありますが、「摘蕾」については開花1~2週間くらい前から行なうということなので4月下旬~5月上旬くらいでしょうか。蕾の形をよく観察しながらやっていこうと思います。

春肥

 調べた本によると、速効性化成肥料を施すことで新梢の成長を促すとありました。春と夏は成長を促す目的で速効性のもの。秋は収穫が終わって翌年の新梢の成長を促す目的のため、遅効性のものを使うようです。

  • 春肥:無機質肥料(化成肥料)速効性
  • 夏肥:無機質肥料(化成肥料)速効性
  • 秋肥:有機質肥料      遅効性

実際にやってみた

 有機化成肥料8-8-8です。これが本の通りなのかよくわかりませんが施しました。根が張っているので根元というより周囲を少し掘って軽くパラパラと撒き、土を被せておきました。

芽かき

 不必要な芽を早期に取り除くことによって必要な芽の成長を促す効果が。それから、不要な枝や亜主枝の背面、主枝と亜主枝の分岐部、主幹部の下位などから発生する不定芽を取り除くことにより、棚面に適度な明るさを確保するのが目的のようです。時期としては新梢が2~3cm程度に伸び、つぼみの着生が確認できる時期からおこなうようです。

実際にやってみた

 明らかに不要と思える芽を手で摘み取ります。これをやらないとどんどん成長してしまい、太い枝になってしまうので結果して後で切らなければいけなくなることになるわけですね。

摘蕾

 摘蕾を行う目的は結実させないつぼみを摘除し、必要な蕾を残すことで果実肥大を促進させることが目的です。それにしてもまだ大して蕾の数が少ない中、取り除くのはどきどきしそうです。

 今現在、蕾が付いている箇所をみてみると葉がでている部分から蕾が一つ出ているのですが、本によると花蕾が出現してから2~3個に分岐したら中心の花蕾をのこして摘蕾するとありました。なので現状からさらに蕾の部分が分岐していくのか様子を伺ってきたいと思いますが、現在、分岐するようすがありません・・・。

まとめ

 成長していく過程を観察していくと、蕾ができた部分と出来ない部分があり、これには規則性があるようです。調べてみると今年度、結実した節より基部の節からは翌春に新梢が発生しないという習性がありました。こういった習性を理解した上で枝ぶりをつくっていかないといけませんね。これから成長が一段と加速していくのでしっかり面倒見ていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました