キウイフルーツの初収穫

キウイフルーツ

 9月の中旬に1個、10月初旬に1個、キウイフルーツの果実が落ちているのを発見しました。とはいっても落ちてから若干時間が経過していたため既に柔らかくなっていて蟻がたかっていました。

落ちたばかりの果実

 10/15にまた落ちている果実を発見しました。今回はまだ虫も付いておらず、果肉は若干柔らかい程度なので落ちて間もない感じです。

落ちた果実を食べてみる

 落ちていた果実は程よい硬さなのですぐに食べられそうです。早速カットして食べてみると甘味がちゃんと出ていて十分に美味しくいただけました。

収穫をすることに

 本で収穫時期を調べてみると一般的には11月のようです。(地域やその年の天候によって違いもあると思いますが…。)しかし、落ちていた果実の具合からいってそろそろ収穫しても良さそうです。それに、また知らない間に果実が落ちていたりしたら数少ない果実が段々と減ってしまうのでちょっと早いのですが、収穫をすることにしました。

 10/16(土)一気に収穫してみました。立派なサイズのものが20個程ありました。初収穫でこれなら良いんじゃないでしょうか?。摘み取った果実はまだ実が硬く、とてもそのままでは美味しくいただけそうもありません。

追熟

 10/17(日)リンゴを用意して追熟してみることにしました。リンゴはエチレンといった気体のホルモンが出ているようです。キウイフルーツがそれに当たることでデンプンが糖へと分解され、その結果、追熟される仕組みらしいです。収穫した果実が大量にある場合、すぐに食べない分は冷蔵庫で貯蔵するようですが、今回の収穫量からいってそれは必要ないでしょう。

追熟した果実を食べてみる

 10/23(土)ちょうど一週間が経ち、少し硬さが無くなってきた感じがするので実際に食べてみることにしました。

 今回の収穫は10月中旬とした訳ですが特段、味に問題はなさそうです。セオリー的には11月が収穫期なので、来年は状況をみながらもう少し先にしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました